キャンプ旅行に必要なもの

【海外でキャンプする人必見】キャンプに必要な33の便利道具まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

海外でキャンプをするときに必要なもの

海外でキャンプをするときに必要なものをあげていきます。最低限これだけ持っていけば大丈夫というものをリストアップしてみました。
テント2テントテント

テント

これがないと始まりません! ドーム型、ロッジ型、ロッジドーム型、Aフレーム型など色んな種類があります。アラスカで使っていたのは写真上の ドーム型のテントで、テントの設営と撤収が簡単でコンパクトに収納出来るというメリットがあります。6人用を3人で使っていましたが、いい感じの広さでか なり快適でした。6人とかで寝ると狭すぎて寝返りもうてないと思います。そこら辺はお店の人に相談して確認してください。

ヨーロッパで使っていたのは写真下のサイドに寝室があって、真ん中にリビングがあるタイプのテントです。テントの設営に少し時間がかかりますが、この真ん 中にリビングがあるというのがすごく役に立ちました。雨が降っても中で調理することができて、さらにイスやテーブルを置いて食事をすることもできるという のは非常にありがたかったです。持ち運ぶ余裕があるのならこのタイプのテントはすごく良いのでは?と僕は思います。

寝袋シュラフ(寝袋)

シュラフ(寝袋)

これもキャンプに必須の道具です。値段はピンキリで、軽量で保温能力が高いほど高額となっています。真夏は別として、ある程度の保温能力がないと 寒くて熟睡できないと思います。特に足元が冷えるとヤバいです。それに寝袋はどうせ長い間使うことになると思うので、ある程度のクオリティの満足できる物 を買っておいた方が良いと僕は思います。あまり妥協せずに自分の気に入ったものを購入すべきです。テントもしかりです。

ツーバーナーツーバーナー2ガスツーバーナー ツーバーナー(ガスコンロ)アラスカで使っていたのは写真上のコールマンのキャンプ用ガスコンロで、別売りのコールマンのアウトドア用のガスを使うタイプのものです。これと いった不満はなく使えました。むしろ後述するキャンピングガスと比較すると神でした。アラスカから帰国するときに捨てましたが、また購入したいと思えるも のでした。おすすめです。ヨーロッパで使っていたのは写真下のキャンピングガスというフランスのメーカーが作っているガスコンロです。一言でいうとカスです。火力が弱く、その上、 火力調整がかなりシビアで火も点けにくいです。コールマンの足元にも及びませんでした。安かろう悪かろうってことですね。
ランタン    ランタン

ランタン(照明器具)

テントの中を照らしたり、暗闇の中で調理したり食事したりするときに使用する明かりです。メジャーなのはガスランタンとLEDランタンです。どち らも使用したことがありますが、LEDランタンは真っ白で少し青みのある光で蛍光灯のようなイメージです。一方でガスランタンは、白熱電球のようなオレン ジ色の暖かい色の光ですごくキャンプをしてる感が出ます。

スポンサーリンク

また、同一のメーカーならガスコンロに使用しているガスをランタンに使用することもできるし、光 が強くて暖かいので、ストーブ(熱源)として使用することもできます。僕は断然ガスストーブをおすすめしますが、LEDの方が取り扱いが簡単です。

懐中電灯懐中電灯

懐中電灯(ライト)

キャンプ場の夜は完全な暗闇で何も見えないということがあるので、直ぐに使えるライトを用意する必要があります。ただ、最近はiPhoneなどのスマートフォンのライトがあるので、そちらでも大丈夫だと思います。

マット
マット

マット

地面が平らとは限りませんし、そもそも固くてくつろげないので、寝るときには寝袋の下にマットを敷いて寝ることとなります。空気を入れて膨らますタイプやスポンジタイプなど色々あります。

ハンマーハンマー

ハンマー

テントの杭を地面に打ち込むときに使います。杭を打たないと強い風が吹いたときにテントが飛んでいきます。

タンブラー
タンブラー

タンブラー

マグカップでもコップでも何でもいいです。ただ、タンブラーだと保温と持ち運びができるので便利だと思います。

フライパンフライパン

フライパン

料理するときに必要です。安物でも何でもいいと思います。むしろ安物の方が軽くていいと思います。フッ素加工やテフロン加工されているものが手入れが簡単でいいんじゃないでしょうか。

鍋

料理するときに必要です。安物でも何でもいいと思います。勿論蓋もいります。

包丁包丁

包丁(ナイフ)

料理するときに必要です。安物でも何でもいいと思います。

まな板
まな板

まな板

料理するときに必要です。安物でも何でもいいと思います。

スプーンスプーン

スプーン

食事するときに必要です。好きなやつをどうぞ。

フォークフォーク

フォーク

食事するときに必要です。好きなやつをどうぞ。

割りばし割りばし

割りばし

食事するときにあったら便利です。洗わなくていいっていうのがすごく大きいです! あと外国で売っているのは見たことありません。

洗剤
洗剤

食器用洗剤

食器を洗うときに必要です。

スポンジスポンジ

スポンジ

食器を洗うときに必要です。

ウェットティッシュ
ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

食器を洗う、手を拭く、トイレットペーパー代わりに使うなどあれば超便利です!

キッチンペーパー
キッチンペーパー

キッチンペーパー

食器を拭いたり色んなところで使います。

 

 

海外でキャンプをするときにあれば便利なもの

海外でキャンプをするときにあれば便利なものをあげていきます。持っていけばきっと、快適にキャンプを行うことができると思います。
テーブルテーブル

テーブル

アラスカやカナダのキャンプ場には、各サイトごとにデカいイスやテーブルが最初から設置されていましたが、ヨーロッパのほとんどのキャンプ場には 何もありませんでした。なので、自分で持参する必要があります。でもかさばるし重いので、レンタカーで移動している人以外だときついと思います。作りが しっかりしていないとぐらぐらするので、ちゃんと事前にチェックする必要があります。

イスイス

イス(キャンピング用チェア)

アラスカやカナダのキャンプ場には、各サイトごとにデカいイスやテーブルが最初から設置されていましたが、ヨーロッパのほとんどのキャンプ場には 何もありませんでした。なので、自分で持参する必要があります。まぁ最悪、地べたで調理とかすればいいですが、態勢がきついんでオススメしません。100 均のやつは疲れるので、できれば肘掛け付きのものがいいと思います。ただ、100均のイスの携帯性はヤバいです。

クーラーボックスクーラーボックス

クーラーボックス

食材を入れて保存できるのはもちろん、調理道具やワイン・ビールを入れるコンテナのような使い方もしていました。 僕が持っていたのはコロコロ付きだったので、持ち運びがしやすくかなり役に立ちました。

ワインオープナーワインオープナー

ワインオープナー

これがないとワインを飲めなくなるので、ヨーロッパ方面に行く人には必須になると思います!! スイスでマイナスドライバーでワインを開けたことがありますが、コルクのカスが中に入って絶望した記憶があります(笑) ちゃんと持っていきましょう。

栓抜き
栓抜き

栓抜き

これがないとビールを飲めません!! ライターで開ける方法とかありますが、僕はめっちゃ指が痛くなるんで普通の栓抜きを使ってました。

缶切り缶切り

缶切り

アメリカのスープ系の缶詰は缶切りがないと開けられないタイプだったので、アメリカに行く人は注意が必要です。当時は十徳ナイフのショボイ缶切りしかなかったので開けるのにすごく時間がかかってかなりつらかったです。

おたまおたま

おたま

数人でキャンプをする場合、スープなどを分ける必要があると思うので必要になるかなと思います。鍋からダイレクトに皿に入れてもいいと思いますが、失敗することもあると思いますし、そのときの空気はかなりヤバいと思います(笑)

ジップロックジップロック

ジップロック

ハムやサラミ、チーズなど余った食材を保存するときに使えます。むしろ必須と言っていいかもしれません。

テーブルクロステーブルクロス

テーブルクロス

テーブルに敷いて使います。テーブルがプラスチックや石の場合だとコンロや皿などが滑って危ないので、あるとかなり便利です。

クッションクッション

クッション

キャンプをしているとイスに長時間座ることになるので、持っていける余裕があるなら持って行った方がいいと思います。寝るときに枕に使ったりもできます。

ロープロープ

ロープ

洗濯物を干すときに使います。車で周りながらキャンプをしていたときは、車内に入りきらない荷物を車の上に載せてロープで縛ったりしてました。どこでも売っているので、わざわざ日本から持っていく必要はないかもしれません。。

クロックスクロックス

クロックス(サンダル)

夜トイレに行ったり、ちょっと水を汲みに出かけるときなどに便利です。いちいち靴を履くのは面倒だし、裸足の場合でもすぐに履くことができるので とても役に立ちます。また、たまにシャワーを浴びるところがとんでもなく汚かったりすることもあるので、そんなときにあると助かります。キャンプをしてい ると湖や海で泳ぐこともあると思いますが、岩場や尖った石が多くて裸足だと危ない所でも重宝します! ビーチサンダルでもいいと思いますが僕はクロックス 派です。

フリスビーフリスビー

フリスビー

ヨーロッパに持っていったときにかなり使いました(笑)100均で買ったフリスビーですけど、暇なときは一生やってました。 100円でこんなに 遊べるとは(笑) レクリエーショングッズに何か持っていこうか悩んでる人は持って行ってみて下さい! かさばらないのもポイント高いです。

 

海外旅行の予定を立てるときに役立つ、ホテル・航空券・ツアーの格安予約サイトを知りたい人はコチラ ➡ 【格安海外旅行】航空券・ツアー・ホテル予約サイトを比較!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域別の観光スポット一覧

75


東、南アジア


中国、ネパール、インド
IMG_8489


東南アジア


タイ、インドネシア、マレーシア
35


アフリカ


モロッコ
2


日本


東北、関西、中国地方
45


北アメリカ

アラスカ、カナダ
ニュージーランド21


オセアニア


ニュージーランド
27


西ヨーロッパ


フランス、イタリア、スイス、ドイツ、スペイン
11


北欧


ノルウェー、スウェーデン、デンマーク
41


東欧


チェコ、クロアチア、ポーランド、スロべニア

コメントを残す

*