アルベロベッロの観光はこれで完璧! 見所とアクセス、ホテルを紹介

こんにちは、サラリーマンバックパッカーのMIASです。アルベロベッロはとんがり屋根の可愛らしい街並みで有名な、南イタリアを代表する観光地です。

この記事では観光スポットや街並みについて実際に撮影した写真で紹介しているので、どんな素敵な街なのか、見所はどこなのかを理解しやすいと思います。最後にアクセス方法とおすすめホテルについても記載しているので、この記事を読めばアルベロベッロ観光はきっとバッチリです!

アルベロベッロの評価

アルベロベッロのトゥルッリ

IMG_3836
レーティング
・三角のとんがり屋根が大変メルヘンチックな街。
・教会も三角屋根でできていて驚くが、よく見ると大変かわいい。
・高台から街並みを眺めてみてほしい。ずらっと立ち並んだとんがり屋根がすごく愛らしい。

アルベロベッロの基本情報

アルベロベッロってどんな街?

IMG_3855

アルベロベッロは、メルヘンチックな雰囲気の街並みで観光客に人気のある街です。

 

IMG_3868

小さく白い壁にちょこんと乗った円錐形の屋根がとても可愛らしいです。

 

IMG_3832

この独特なデザインの住宅はトゥルッリと呼ばれていて、その起源は政府に収める税金を逃れるためだったそうです。

 

IMG_3844

住宅一軒につき税金がかかるので、役人が来る前に円錐形の屋根をつぶして物置のように見せかけて税金を逃れていたらしいです。

発想も凄いですが、住居をこんなに可愛らしいデザインで設計できるなんて、イタリアのセンスは流石だなぁと感心しました。

IMG_3816

それでは南イタリアの青空に映える、メルヘンチックなアルベロベッロの観光スポットを見ていきましょう。

 

アルベロベッロのおすすめの観光スポットはどこ?

リオーネ・モンティ地区

IMG_3825 IMG_3826

リオーネ・モンティ地区はアルベロベッロの最も有名な地区で、1000を超える円錐形の屋根のトゥルッリがアルベロベッロの主要な景観を形作っています。

 

IMG_3836

また、同地区はユネスコの世界遺産に登録されており、イタリアの国指定の文化地区にも指定されています。

 

IMG_3827

町の南西にある丘の上の狭い路地は、後から追加された区画ですが、トゥルッリをカフェやお土産屋などに改修した住宅が多く、観光客に非常に人気です!

 

IMG_3835

もちろん僕も街歩きが好きなのでこの地区が大好きです。

因みにこの地区にあるジャンジローラモ広場からはトゥルッリでびっしりと埋めつくされる超絶景を見られるので、かなりおすすめです。ぜひ足を運んでみてください。

IMG_3837

 

アイア・ピッコラ地区

IMG_3849 IMG_3864

アイア・ピッコラ地区はリオーネ・モンティ地区の東にある区画で、まだ商業化がそこまで進んでおらず、400程度のトゥルッリにはまだ人々が住んでいます。

 

IMG_3828

ここではアルベロベッロが有名になる前の、人々の暮らしを感じることができる貴重な場所です。

 

IMG_3858

生活感を感じられる生きた風景がここにはあります。静かで人々の生活に根付いた生きた風景が見られる場所なので、個人的にはここを一番アルベロベッロ観光でおすすめしたいです!

 

IMG_3843 IMG_3845 IMG_3856 IMG_3860

トゥルッロ・ソヴラーノ

IMG_3821

トゥルッロ・ソヴラーノは街で唯一の2階のフロアを持ったトゥルッリで、18世紀に地元の司祭のために建造されたものです。

 

-2090839694_

現在はトゥルッリの博物館となっており、トゥルッリのなかでの生活風景が展示されています。

 

IMGP5161

2階建てにするために増厚された壁の厚さも見どころの一つです。

 

Trullo_Sovrano_Alberobello_apr06_03

トゥルッロ・ソヴラーノは街の北西に位置しており、日曜日以外の日は朝10:00から12:00、15:00から18:00までの間で開館しています。入館料は1.5ユーロです。

 

サンタントニオ教会

IMG_3840

巨大なトゥルッリ形式で造られた教会で、トゥルッリの円錐形の屋根と丸みを帯びたデザインが非常に可愛らしくてお気に入りの場所です。

 

IMG_3841

かなり独特な外観ですが、見事にこの街の街並みにマッチしていて、一見の価値ありです。

 

IMG_3842

リオーネ・モンティ地区の南西に位置しています。

アルベロベッロへのアクセス

アルベロベッロの地図

アルベロベッロへの行き方

バーリ(Bari)から

バーリ中央駅から私鉄で1時間30分。1時間に1本程度の運行。
土日祝日はバスによる代行運転。バーリ中央駅前広場より出発。1日5便程度。

ターラント(Taranto)から

ターラント駅から私鉄で1時間10分。1時間に1本程度の運行。
土日祝日はバスによる代行運転。ターラント駅前広場より出発。4時間に1便程度。

アルベロベッロ駅からトゥルッリ集落への行き方

駅前の道Viale Margheritaを真っ直ぐ行き、少し歩くと店やバールのある道に出ます。(500mほどです。)

アルベロベッロのおすすめホテル

アルベロベッロといえば、何と言ってもとんがり屋根の可愛いらしいトゥルッリ。ここではそのトゥルッリに泊まれる宿やトゥルッリの街並みを堪能できるおすすめの宿を紹介します!

パラッツォ スコット (Palazzo Scotto)

・価格:1部屋あたり2名宿泊で12000円〜
・クオリティ:★★★★★ オススメ
・立地:★★★★★
<口コミ>
・トゥルッリ集落の中に位置するおしゃれなホテル。かなり人気。
・屋上のテラスからは可愛らしいアルベロベッロの街並みを見ることができる。
・部屋は綺麗で、クラシックな装飾が施されている。デザインも美しい。

La Corte dell’Astore

・価格:1部屋あたり2名宿泊で18000円〜
・クオリティ:★★★★★ オススメ
・立地:★★★★☆
<口コミ>
・コストパフォーマンスの非常に高いおしゃれなホテル。
・日本でこのクオリティの部屋に泊まろうと思えば数倍は出さないと無理。
・とにかく部屋の雰囲気が可愛らしく、女子旅やカップルの人にかなりオススメ。一度騙されたと思って内装を見てみてほしい。

トゥルッリ ホリデイ (Trulli Holiday)

・価格:1部屋あたり2名宿泊で10000円〜
・クオリティ:★★★★★
・立地:★★★★★
<口コミ>
・その名の通り素晴らしい休日を過ごすことのできるトゥルッリに泊まれるアパートメント。
・トゥルッリ集落の中にあり、立地が良くて観光に便利。
・内装も可愛らしく、アルベロベッロの街でしか体験できないデザインと空間。

安くホテルを予約するテクニック

MIASはいつもこの方法でホテルを予約しています。他にいい方法があれば是非コメントで教えてください!

①最もホテル登録件数と口コミの質が高いトリップアドバイザーでホテルを検索。
②いいホテルが見つかれば、エクスペディアとAgodaで同じホテルを検索。
③一番安いサイトで予約。

おそらくこれが一番効率的に安くホテルに泊まれる方法だと思います。

>> エクスペディアからアルベロベッロのホテルを検索する(地図から選ぶ)
>> agodaからアルベロベッロのホテルを検索する(地図から選ぶ)
>> トリップアドバイザーからイタリアのホテルを検索する

因みにエクスペディアはAIRプラス割があるので、航空券はエクスペディア派という人は、初めからエクスペディアでホテルを予約したほうが、恐らくトータルで安くなります。(AIRプラス割:航空券とホテルを同時に予約したり、航空券購入後10日以内にホテルを予約する場合にホテル料金が割引になるというキャンペーン)

※超余談:格安航空券業界ではエクスペディアとスカイスキャナーが熾烈な低価格競争を繰り広げており、バックパッカーの中でもエクスペディア派とスカイスキャナー派で二分されている。その他のサイトは見る必要なし。

ガイドブック

より詳しくイタリアのことを知りたい場合はこちらもどうぞ。地球の歩き方は旅人のバイブル的存在で、写真+日本語で分りやすいです。Lonely Planetは英語ですが、情報量が非常に多く、街の成り立ちや歴史も詳しく書かれておりお勧めです。写真はあまりありません。どちらか1冊持っていけば事足りると思います。

最近のトレンドを押さえたレストランやカフェを知りたい人にはこちらをおすすめします。写真が多く分かり易く、上記のガイドブックを補完する内容になっています。これ1冊で街を出るのは心もとないので、他のガイドブックと一緒にどうぞ。

その他のイタリアの記事

イタリアのその他の観光スポット
【ヴェネチア】今も昔も観光客を魅了し続けるアドリア海の女王

【ヴェローナ】ロミオとジュリエットのモデルの美しい中世の街

【ミラノ】ファッション最前線、洗練された街を観光しよう!

【ジェノヴァ】一度は観光したいかつて地中海の覇者だった街

【フィレンツェ】ルネッサンスの花開いた芸術の都の観光スポット

チンクエテッレの観光はこれで完璧! おすすめコースとアクセス、ホテルを紹介

【ピサ】斜塔で有名な街のおすすめしたい観光スポット

【ボローニャ】イタリアの繁栄を支えた“知の都”の観光スポット

【フェラーラ】ルネッサンスの華と呼ばれる街の観光スポット

【トリノ】洗練された気風の文化都市の観光スポット

【パドヴァ】中世の趣を残した大学者の街の観光スポット

【観光】ラヴェンナが育んだモザイク芸術の極致が素晴らしい!

【サンマリノ】イタリア内にある小国のおすすめ観光スポット

【ティヴォリ観光】ローマ皇帝の愛したイタリア庭園の最高傑作

【アッシジ】丘に佇む聖者の街のおすすめ観光スポット

【ローマ】あなたが必ず訪れるべき4つの偉大な観光スポット

ナポリ観光で必ず訪れるべき7つの観光スポット

見たら必ず行きたくなる!アマルフィのおすすめ観光スポット

【パエストゥム】完全な姿のギリシャ神殿群と観光スポット

【マテーラ】イタリア南部の絶景の街並みの観光スポット!

アルベロベッロの観光はこれで完璧! 見所とアクセス、ホテルを紹介



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です