【地図上で紹介】フェラーラで必ず訪れるべき観光スポット8選

フェラーラ(Ferrara)の基本情報

timthumb.php

イタリア北部のエミリア・ロマーニャ州にある都市です。
フェラーラ(フェッラーラ)は15世紀ごろに衰退したフィレンツェに代って、ルネッサンス期の文化や芸術の中心として栄えてきた街です。

当時は「理想都市」を目指して街が拡張されてきましたが、そのころの美しい街並みは現在も街のいたる所で見られます。
1995年にはフェラーラのルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯がユネスコの世界遺産に登録されました。

この記事では観光スポットをランキング形式で紹介し、それらを地図上にマッピングしています。
この記事を読めばフェラーラ観光はきっとバッチリでしょう!

フェラーラの観光地ランキング

観光地ランキング

フェラーラを代表する8つの観光スポットに採点とランク付け(SS~E)を行ったので、予定を立てる際に参考にしてください。
こちらがフェラーラの観光地ランキングです!

ランク 採点 観光地名称
S 9.1 フェラーラの街並み
A 8.5 カテドラーレ
B 7.8 カスタビーリ宮
B 7.4 スキファノイア宮殿
B 7.3 ロメイの家
B 7.1 エステンセ城
C 5.1 ディアマンテ宮殿
D 3.4 コルプス・ドミニ修道院

観光地マップ

おススメ観光地とホテルを地図にマッピングしてみました。
繁華街などの飲食店が集まっているエリアは赤丸で囲っています。代表的な繁華街は下記です。
・エステンセ城周辺
・サンジョルジョ大聖堂周辺

フェラーラの街並み

レーティング
・文化や芸術の中心として栄えてきた街なだけあって、中世の美しい建物が多数残存しており街並みは大変美しい。
・実はフェラーラの街は8kmに渡る城壁で囲われており、これはイタリアのルネッサンス時代によく用いられていた防御システム。
・因みにこのかつては人の行き来を遮断する役割を果たしていた壁は、現在では散歩やサイクリングコース、友人との待ち合わせ場所、フェラーラの街並みを形作る観光名所として人々を楽しませている。
timthumb.php italy-ferrara-city-walls

カテドラーレ

italy-ferrara-st-george-cathedral
レーティング
・フェラーラの守護神、サン・ジョルジョを祀る、12~14世紀のロマネスクとゴシックの混合様式の大聖堂。
・北イタリア的な、いかにもロマネスクといった感じのファサード(正面)が印象的な建築。個人的に結構好き。
・内部はゴシックの雰囲気にフレスコ画に覆われた壁、エステ家らしい時を経ても華やかさが残っている。
・内部のカテドラーレ美術館にはコスメ・トゥーラの絵、タペストリー、像、大理石に隔月の模様を彫刻した「毎月のドア」と呼ばれる12枚のレリーフが展示されている。
italy-ferrara-palazzina-marifisa-deste italy-ferrara-museo-della-cattedrale

カスタビーリ宮

レーティング
・通称ルドヴィコ・イル・モーロ宮殿と呼ばれる建物。
・現在は国立考古学博物館として使用されており、ギリシアからエトルリア時代にかけての出土品が展示されている。
・優美な柱廊が続く中庭が有名。

スキファノイア宮殿

palazzo-schifanoia
レーティング
・かつてのエステ家の非常に豪華な別荘で、現在は私立ラピダリオ美術館になっている。
・ギリシア時代の彫像、陶器、ガラス製の品々などが飾られている。
・一番奥の「12か月の間」にはフランチェスコ・デル・コッサとコスメ・トゥーラが描いた、四季の移り変わりのフレスコ画があり有名。
Salone-dei-Mesi 804_z_salone13

ロメイの家

レーティング
・かつてフェラーラがルネッサンスの華と呼ばれるほど栄えていた時代の貴族の館。
・2つの中庭があり、館内は宝飾品の展示などが行なわれている。
・かつてここでフェラーラ夫人が瞑想をしていたと言われている。

エステンセ城

castello-e-savonarola
レーティング
・フェラーラの街の中央にあるエステ家の居城。
・周囲を堀に囲まれて四隅には塔が建っている、赤レンガでできた西洋の雰囲気満載のお城。現在は市庁舎として使用されている。
・フレスコ画の部屋、ヴェネチアングラスの大きなシャンデリアがあるサンルーム、大理石の象嵌の装飾が見事なレナータの礼拝堂が観光の見どころ。
italy-ferrara-castello-estense

ディアマンテ宮殿

italy-ferrara-palazzo-dei-diamanti
レーティング
・1万2500個の大理石で造られたファサードが、太陽にキラキラ光るのがまさにダイヤモンドのようなので、この名前が付けられたそう。
・内部にはフェラーラ派の画家や印象派の画家の作品をそろえた国立絵画館と挿絵美術館が入っている。

コルプス・ドミニ修道院

レーティング
・ロメイの家のすぐ近くにあるかつてフェラーラを統治していたエステ家の墓所。
・日本の墓地とは異なっていて、修道院の形をしており内装は大理石を使った大変豪華なもの。

その他のイタリアの記事

イタリアのその他の観光スポット
【ヴェネチア】今も昔も観光客を魅了し続けるアドリア海の女王

【ヴェローナ】ロミオとジュリエットのモデルの美しい中世の街

【ミラノ】ファッション最前線、洗練された街を観光しよう!

【ジェノヴァ】一度は観光したいかつて地中海の覇者だった街

【フィレンツェ】ルネッサンスの花開いた芸術の都の観光スポット

【チンクエテッレ】美しすぎるイタリアの5つの漁村を紹介!

【ピサ】斜塔で有名な街のおすすめしたい観光スポット

【ボローニャ】イタリアの繁栄を支えた“知の都”の観光スポット

【フェラーラ】ルネッサンスの華と呼ばれる街の観光スポット

【トリノ】洗練された気風の文化都市の観光スポット

【パドヴァ】中世の趣を残した大学者の街の観光スポット

【観光】ラヴェンナが育んだモザイク芸術の極致が素晴らしい!

【サンマリノ】イタリア内にある小国のおすすめ観光スポット

【ティヴォリ観光】ローマ皇帝の愛したイタリア庭園の最高傑作

【アッシジ】丘に佇む聖者の街のおすすめ観光スポット

【ローマ】あなたが必ず訪れるべき4つの偉大な観光スポット

見たら必ず行きたくなる!アマルフィのおすすめ観光スポット

【パエストゥム】完全な姿のギリシャ神殿群と観光スポット

【マテーラ】イタリア南部の絶景の街並みの観光スポット!

【アルベロベッロ】白く輝くトゥルッリの街並みと観光スポット



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA