イタリア

イタリア観光を完全攻略!20都市以上の見所が一目瞭然!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

イタリアのおすすめ観光都市21選

28 イタリアの数ある街や観光地の中から厳選した、ここだけはおすすめしたいという場所を紹介します! イタリア旅行の行き先を決める際の参考にしてさい! きっと好みに合った素晴らしい場所が見つかると思います。それでは紹介しましょう!

ヴェネチア

IMG_3126 言わずと知れたイタリアが世界に誇る観光地です。 “水の都”という異名の通り、水路が街中に張り巡らされていて、住民たちの移動手段としてゴンドラやボートが常に行きかっています。   30 どの水路もどの路地も美しく、どこを撮っても絵葉書になるような素晴らしい街並みは、世界中の観光客を魅了しています。 人生で一度は訪れて欲しいおすすめの観光地です! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ヴェネチア】今も昔も観光客を魅了し続けるアドリア海の女王

ヴェローナ

168

かのロミオとジュリエットのモデルとなった貴族の住んでいた街で、それ以外にも闘技場の遺跡や中世を思わせる街並みなど、観光資源の豊富な街です。   verona-italy 街のシンボルである円形闘技場(アレーナ)で行われる野外オペラが非常に有名なので、タイミングが合えばぜひ見てみて下さい! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ヴェローナ】ロミオとジュリエットのモデルの美しい中世の街

ミラノ

milano_notte 世界最先端の流行の発信地「ミラノ」。街並みもそこを歩く住民たちも非常に洗練されていて、ファッション誌からそのまま抜け出てきたような人が普通にそこかしこを歩いていて驚きます。   PA016543 何百年にもわたる歴史の中で培われてきた建造物や芸術品の数々も見どころで、世界最高の絵画と名高いレオナルドダヴィンチの「最後の晩餐」もミラノにあります。 世界的サッカークラブのACミランとインテルの本拠地でもあり、いろいろと楽しめる魅力的な街です! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ミラノ】ファッション最前線、洗練された街を観光しよう!

ジェノヴァ

cattedrale-di-slorenzo-genova かつてヴェネチアと海の覇権を争った過去を持つ、イタリア最大の港町です。   SpinoladiPelliceria - Galleria degli Specchi かつての繁栄を偲ばせる豪華絢爛な建物やルネッサンス、バロック時代の建物が密集した旧市街地や、カラフルな住宅が美しい沿岸部などが見どころです。 旧市街地は2006年にユネスコの世界遺産に登録されています。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ジェノヴァ】一度は観光したいかつて地中海の覇者だった街

フィレンツェ

53 イタリアのルネッサンス芸術が花開いた街で、人々はこの街を“花の都”と呼んでいます。 オレンジ色の屋根に統一された街並みは美しいの一言で、街の中央にそびえる大聖堂「サンタマリアデルフィオーレ」は僕の大好きな教会です。   1557 ボッティチェリの「春」にラファエロの「ひわの聖母」をはじめとした、メディチ家の財力をつぎ込んで集められた、世界最高峰の絵画の数々は必見です! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【フィレンツェ】ルネッサンスの花開いた芸術の都の観光スポット

チンクエテッレ

maxresdefault リグーリア海に面した5つの漁村を総称した名前で、そのいずれもが非常に美しいカラフルな街並みを持っています。   f6f925be-178c-4e8c-993c-5e5d5e5a75bb ここは日本では知名度は高くありませんが、美しい海と古きイタリアの雰囲気を残した可愛い街並みに癒される、非常におすすめな観光スポットです。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【チンクエテッレ】美しすぎるイタリアの5つの漁村を紹介!

ピサ

1392 ピサの斜塔であまりに有名ですが、かつてはジェノヴァ、ヴェネチアと海の覇権を争った大海運国でした。   leaning-tower 斜塔ばかりが注目されますが、そのほかにも洗礼堂やドゥオーモ(大聖堂)などの素晴らしい建造物があり、イタリアの街の中でもかなりお気に入りの街です! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ピサ】斜塔で有名な街のおすすめしたい観光スポット

ボローニャ

anatomico-bologna-lead 赤茶色の屋根や壁の色で統一された中世の雰囲気の漂う街並みが魅力の街です。 ボローニャにはボローニャ大学というヨーロッパ最古の大学があり、イタリアの文化・学問の発展に貢献してきました。   31 交通の要所でもあったボローニャではゴシック、ビザンチン、ローマの文化が混ざり合い、進取の気風に富んだ自由都市として発展してきました。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ボローニャ】イタリアの繁栄を支えた“知の都”の観光スポット

フェラーラ

castello-e-savonarola 13世紀から16世紀の期間にこの街を統治していたエステ家の面影の深く残る、ルネッサンスの華と呼ばれるほどに芸術が発展した街です。   italy-ferrara-st-george-cathedral フェラーラの守護神を祀るカテドラーレがお気に入りで、内部空間の素晴らしさに感動しました。 パスタのきしめんの様に平べったい“フェットチーネ”(イタリアではタリアテッレ)が生まれた街でもあります。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【フェラーラ】ルネッサンスの華と呼ばれる街の観光スポット

トリノ

torino_notte_cut 17世紀の建築家「グエリーノ・グアリーニ」が設計したバロック様式の計画都市です。 有名な3つの広場があり、そこではオープンカフェが開かれていて、上品に着飾ったトリノ市民たちが優雅にくつろいでいます。   shutterstock_81605893--Basilica-Superga サヴォイア家が支配し、また発展させてきた美しいトリノの街を是非堪能してみて下さい。 トリノの街は1997年にユネスコの世界遺産に登録されています。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【トリノ】洗練された気風の文化都市の観光スポット

パドヴァ

scrovegni ヴェネチア共和国の中で唯一の大学であったパドヴァ大学を有し、コペルニクスやガリレオガリレイ、ダンテなどを輩出し、ヨーロッパの自然科学の発展に貢献してきた街です。   6e9d08b5-acec-46d8-b218-986a7d56daa3 この街にあるスクロヴェーニ礼拝堂の内部に描かれたジョットのフレスコ画は素晴らしく、一見の価値があります。 天井から壁まで埋め尽くされた美しいフレスコ画に感動できると思います! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【パドヴァ】中世の趣を残した大学者の街の観光スポット

スポンサーリンク

ラヴェンナ

basilica_san_vitale_vista__ravenna 街中がモザイク美術の博物館であると言われるほどに、街中が素晴らしいモザイク芸術で埋め尽くされています。 必見なのはサン・ヴィターレ教会とガッラ・プラチーディアの廟の2つです。 前者は、八角形の巨大な内部空間を埋め尽くす黄金のモザイク画が非常に美しく、その圧倒的な光景に言葉を失うほど感動しました。   569 後者は、一見ただの小さな小屋のような外見ですが、内部に描かれた繊細なモザイク画や天窓から差し込む光の陰影が絶妙で、僕は内部に入ったときに鳥肌が立ちました。 非常にお勧めの観光スポットなので近くまで来た場合は行ってみて下さい。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【観光】ラヴェンナが育んだモザイク芸術の極致が素晴らしい!

サンマリノ

701 イタリア国内にある世界で5番目に小さな都市国家です。   sanmarino 小さいながらも法律と行政機関を持っており、国家の財源は切手、コイン、ワインを販売して得たお金と観光による収入がほとんどであるという観光立国です。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【サンマリノ】イタリア内にある小国のおすすめ観光スポット

ティヴォリ

Tivoli2 ローマ帝国の皇帝や貴族に愛された別荘地で、水と植物の調和が見事な庭園の美しさで有名です。   tivoli-tour-photo_991624-770tall ローマからは約30kmの距離なので日帰りで行くこともできます。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ティヴォリ観光】ローマ皇帝の愛したイタリア庭園の最高傑作

アッシジ

845 オリーブの丘の上に建ち、周囲の緑の平原を見下ろす、清貧の聖者フランチェスコの街です。 街は城壁に囲まれ、細く曲がりくねった石畳の坂道が続く僕のお気に入りの街です。   862 物価も安く、治安もいいので女性の旅行者にもおすすめです。 丘の頂上にある大城塞から見るアッシジの街並みは必見です! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【アッシジ】丘に佇む聖者の街のおすすめ観光スポット

ローマ

1444 言わずと知れた、世界中で知らぬ者のいない観光都市です。   1074 見所が多すぎてどこから見ていいのか迷ってしまうほど奥の深い街です。   1349 イタリアを訪れた多くの人がローマを観光することになると思うので、ぜひ一度ご覧下さい。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【ローマ】あなたが必ず訪れるべき4つの偉大な観光スポット

ナポリ

erez “ナポリを見て死ね”という言葉の通り、美しい海と活気のある魅力的な街並みが訪れるものを虜にしてしまう、そんな街です。 とてもフレンドリーでお調子者、でもなぜか憎めないナポリの人達も、ナポリが世界に名だたる観光地になっている理由の一つだと思います。   Bucato2 ナポリはピザも非常においしくて、値段も安いのでかなり満足できます。ナポリで食べたアンチョビのピザの味が忘れられません! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ ナポリ観光で必ず訪れるべき5つの観光スポット

アマルフィ海岸

IMG_4286 リアス式海岸の荒々しい岩肌に寄り添うようにして造られた美しい街と、透き通ったクリアブルーの海が訪れるものを虜にするヨーロッパ屈指のリゾート地です。   IMG_4262 ため息の出るほど美しい海を見ながらビーチで本を読んだりカクテルを飲んでくつろぐのもよし、海で海水浴やシュノーケリングを楽しむのもよし、魅力的な街並みの中を探索するのも非常に楽しいです! 個人的にイタリアで最も美しい街はアマルフィ海岸のポジターノだと思うので、是非アマルフィ海岸を観光してみて下さい!! この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 見たら必ず行きたくなる!アマルフィのおすすめ観光スポット

パエストゥム(ペストゥム)

IMG_3741 1000年以上もの間にわたって人々から忘れられていた、静寂に包まれた街です。   IMG_3760 保存状態の良い古代ギリシャ建築の遺跡が残っていて、静寂の中に立ち尽くしたその美しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【パエストゥム】完全な姿のギリシャ神殿群と観光スポット

マテーラ

IMG_3970 戦前の小作農民たちが貧しさの中で生き抜いてきた洞窟(サッシ)が無数に掘られている、かつて貧困の象徴であるとまで言われた街です。   IMG_3942 現在ではその洞窟が観光資源として見直され、世界遺産にも登録されています。 僕は、貧しさの中を生き抜いてきた力強さを感じる街並みに感動してしましました。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【マテーラ】イタリア南部の絶景の街並みの観光スポット!

アルベロベッロ

IMG_3836 まるで絵本の中に入り込んでしまったかのような、とんがり帽子の屋根を持つ住宅が密集しているメルヘンチックな街です。   IMG_3856 教会までもが円錐形の屋根を持っており、非常に可愛らしい街並みを持つ街です。 ユネスコの世界遺産に登録されています。 この観光スポットを詳しく知りたい人はコチラ ➡ 【アルベロベッロ】白く輝くトゥルッリの街並みと観光スポット

イタリアを旅してみた感想

全世界の文化財の40%がイタリアにあると言われるように、観光資源が豊富で、どの地域にも素晴らしい観光スポットがあります。また、イタリアは物価が安く、料理のクオリティも非常に高い、また観光地も比較的整っているため旅行のしやすい国だと思います。 ただ、英語が通じにくかったり、大都市ではすりや置き引きなどの軽度の犯罪が多かったりと、気を付けるべきこともあるので、事前にイタリアについてよく調べていった方が無難です。 ただ、イタリアには本当に素晴らしい街や見どころが沢山あるので、一度は行ってみることをお奨めします!!

最後に

いかがでしたか? ここに行きたい!という街や場所は見つかりましたか? 実際に行ってみた感想なども聞かせてもらえると嬉しいです! それでは、みなさんのイタリア旅行が素晴らしいものになることを願っています!

現在クラウドファンディングに挑戦中です!(記:2017年2月11日)

思い出マップイメージ

 

最近またまたサイトを作ってます!

 

今度は「思い出をマッピングできるWEBサービス」で、皆の思い出を観光資源として活用しようと思っています。
が、制作費用がかなり必要なので、クラウドファンディングでその一部を募ることにしました!

 

今見てくれているこのサイトには、幸いにも沢山の人が訪れてくれていて、このまま行けば「みんなに旅の魅力をもっと伝えたい!」という当初の目的は達成できそうです。

 

・・・とは言っても、僕が紹介できているのはほんの一部だけです。このサイトは「綺麗な写真で魅力を伝えたい」という思いで作りましたが、次は「思い出」でいこうと思います!!

 

思い出の場所はその人にとって大切な魅力のある風景です。でも思い出を共有したら、その風景は他の人にとっても魅力的なものになります!
思い出だとその魅力を伝えやすいし、思い出の場所は人の数だけあるので無数に存在していますよね?

 

そんな魅力的な自分だけの場所を紹介しあえるサービスを作れたら、日本に魅力的な場所が沢山増えて、旅行をもっと楽しくできると思うんです。

その為には皆さんのご支援が必要なので、応援よろしくお願いします!
 
リンク先のページをいいねして頂くだけでも、大きな力になります!

支援していただけるともっと助かります(^^)v



this is default footer data
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域別の観光スポット一覧

75


東、南アジア


中国、ネパール、インド
IMG_8489


東南アジア


タイ、インドネシア、マレーシア
35


アフリカ


モロッコ
2


日本


東北、関西、中国地方
45


北アメリカ

アラスカ、カナダ
ニュージーランド21


オセアニア


ニュージーランド
27


西ヨーロッパ


フランス、イタリア、スイス、ドイツ、スペイン
11


北欧


ノルウェー、スウェーデン、デンマーク
41


東欧


チェコ、クロアチア、ポーランド、スロべニア

コメントを残す

*