ナポリ

ナポリ観光で必ず訪れるべき5つの観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ナポリの基本情報

ナポリはどんな街?

erez

ナポリは、「ナポリを見て死ね」という名言があるように、古代ローマの皇帝をはじめとした数多くの芸術家や旅人たちを魅了してきた街です。

青く透き通った美しい海、雲一つない真っ青な空、富士山を思わせる雄大なヴェスヴィオ火山。

 

15459667

そして、イタリア南部の明るい太陽に照らされた、狭い石畳、はためく洗濯物、石造りの重厚な建物。

一度ナポリを訪れると何度でもこの街へと帰ってきたくなる、ナポリはそんな街です。

 

188086569_bb1b6b5e0b

それではそんなナポリのおすすめの観光スポットを紹介しましょう!

 

ナポリの観光スポット

卵城

Napoli-casteldell'ovo02

かつては漁村だったサンタ・ルチア地区の美しい街並みの海岸線から、海に張り出して建てられた12世紀の古城です。

 

IMG_4041

ここから眺めるナポリの美しい街並みやヴェスヴィオ火山は、まるで絵葉書のようです。

 

IMG_4046

日差しが当たるところは暑いですが、陰は涼しく海風が心地いいので、ゆったりとリラックスできます。

 

IMG_4038

夜になると卵城はライトアップされて、海に浮かび上がる幻想的なシルエットが凄く綺麗です。

 

IMG_4069

卵城の行き方

卵城はナポリの地図のこの辺にあります。

   napoli-mhttp://www.ivc-net.co.jp/italiamap/napoli/index.html

卵城の基本情報

開館時間

平日と土曜日  9:30~18:00

日曜日      8:00~14:00

休刊日     1/1 5/1 12/25

入場料

卵城は入場料無料です。

 

国立考古学博物館

7d5d17e9febf8d3295579bc5b94386fa

世界屈指の、ギリシャ・ローマの美術品を収蔵している博物館です。

初期のポンペイの発掘調査から得られた骨董品の数々は、世界最高と言っても過言ではないほどの価値を持っています。

 

Museo-Archeologico-di-Napoli1

1Fの見所は、ローマのカラカラ浴場で見つかった巨大な3.17mの模刻「ファルネーゼのヘラクレス」Ercole Farneseと愛と美の女神「アフロディテ」Afroditeの彫刻が素晴らしく、第13室にあるミケランジェロ作の巨大な大理石の彫刻「ファルネーゼの雄牛」Il Toro Farneseも必見です。

 

bene3_85_cac

2Fの見所は、第61室にあるポンペイ遺跡より出土した6.2mに及ぶ大モザイク画「アレキサンダー大王の戦い」Battaglia di Alessandroで非常に有名です。

 

antiquities-from-pompeii-in-the-naples-archaeological-museum-0

この他にも、値段では価値の測れないほどの古代都市からの出土品が並んでいて、イタリアで歴史を語る上で欠かすことのできないコレクションが多数並んでいます。

2F大広間にはポンペイ、エルコラーノなどから出土した古代の壁画のコレクションも展示されています。

 

Archeonap

この国立考古学博物館は、ポンペイやエルコラーノなどの古代遺跡を訪れようと思っている人にとって、必ず訪れるべきな、古代文明の宝物庫なのです。

 

国立考古学博物館の行き方

国立考古学博物館はナポリの地図のこの辺にあります。

  napoli-m - コピー (2) - コピー http://www.ivc-net.co.jp/italiamap/napoli/index.html

国立考古学博物館の基本情報

開館時間

平日と土曜日  9:00~19:30

日曜日      8:00~14:00

休刊日     1/1 、火曜日

入場料

通常料金は6.5ユーロ(特別展の場合は9ユーロ)。

 

大聖堂(サン・ジェンナーロ)(Duomo)

Viator_Thinkstock_124171

ナポリの守護聖人サン・ジェンナーロを祀った教会で、13世紀後半に建てられた身廊と17世紀に建てられた豪華な礼拝堂から構成されています。

 

naples00622f009ddf6

守護聖人を祀った礼拝堂の主祭壇には、ディオクレティアヌスの時代、305年に殉職した聖人の頭がい骨が入れられた、銀の胸像が置かれています。

 

duomo-napoli-interno

スポンサーリンク

また、この教会には聖人の血を含んだ2つの容器が安置されていて、この血は年に二回だけ液状化する奇跡を起こすことで非常に有名です。

5月の第1土曜日と9月19日には祭りが行われ、街は活気に包まれます!

その際に、大聖堂の地下にある豊かな装飾の施された聖人の墓が公開されるので、その機会に立ち寄ることがあれば見学していきましょう。

 

ドゥオーモの行き方

ドゥオーモはナポリの地図のこの辺にあります。

napoli-m - コピー   http://www.ivc-net.co.jp/italiamap/napoli/index.html

ドゥオーモの基本情報

開館時間

平日と土曜日  8:00~12:00

          16:30~19:00

日曜日と祝日  8:00~13:30

          17:00~19:30

休刊日          なし

入場料

ドゥオーモは入場料無料です。地下の遺跡の見学は3ユーロ必要です。

 

ヌオーヴォ城(アンジュー家の城)Castel Nuovo

overcompensating-castle-in-napoli

13世紀のアンジュー家の城が、15世紀になってアラゴン家の手によって再建されたものです。

 

naplescastelnuovod7ebc9bp5

フランス、アラゴン、スペイン、オーストリア式と重ねられてきた改装は、代々移り変わってきた支配者の痕跡を残しています。

 

catalan-arch

正面にある2つの塔の間には、大理石のレリーフを施した凱旋門があり、イタリアルネッサンス建築の傑作であると言われていて、この重厚感が僕は凄く好きでした。

 

20140504_095457

内部は博物館になっていて、中庭にはゴシック様式のパラティーノ礼拝堂があります。

ここは結構おすすめですね!

 

ヌオーヴォ城の基本情報

ヌオーヴォ城への行き方

イタリア鉄道ナポリ中央駅からバスNo.R2に乗り、M.Angioineで下車。

ヌオーヴォ城の開館情報

平日と土曜日   9:00~19:00

日曜日と祝日は休館

入場料

入場料は5ユーロです。

 

サンタルチア地区(Santa Lucia)

corte-nova-panni-stesi

Piazza del Plebiscito(広場名)の西側にサンタルチア地区はあります。

 

Bucato2

サンタルチアの幅の広いVia Santa Luciaの南側は、モダンな住宅の立ち並ぶ現代的な風景ですが、その道路の北側には狭い通路に伝統的なナポリの住宅が並んでいて、ナポリの住民たちの生の生活を感じることができます!

 

IMG_4085

生活雑貨店や昔ながらのパン屋さん、職人の店やエスプレッソが振舞われる小さなカフェなど、ここを見逃すとナポリに来たことを後悔するような、雑多であるけれども美しい街並みを見ることができるでしょう。

 

italy-naples-santa-lucia

道を挟んだバルコニー越しに話す人々や、道の上にかけられた洗濯物など、非常に活気があって、“生きた風景”として凄く僕の好きな通りです。

みなさんも是非行ってみて下さい!

 

IMG_4027

IMG_4082

サンタルチア地区の行き方

サンタルチア地区はナポリの地図のこの辺にあります。

  napoli-m - コピー (3) - コピー http://www.ivc-net.co.jp/italiamap/napoli/index.html

 

イタリアのその他の観光スポット

イタリアの観光スポットをまとめたものはコチラ ➡ イタリア観光を完全攻略!20都市以上の見所が一目瞭然!

海外旅行の予定を立てるときに役立つ、ホテル・航空券・ツアーの格安予約サイトを知りたい人はコチラ ➡ 【格安海外旅行】航空券・ツアー・ホテル予約サイトを比較!

イタリアの各観光スポットは、

「ヴェネチア」 ➡ 【ヴェネチア】今も昔も観光客を魅了し続けるアドリア海の女王

「ヴェローナ」 ➡ 【ヴェローナ】ロミオとジュリエットのモデルの美しい中世の街

「ミラノ」 ➡ 【ミラノ】ファッション最前線、洗練された街を観光しよう!

「ジェノヴァ」 ➡ 【ジェノヴァ】一度は観光したいかつて地中海の覇者だった街

「フィレンツェ」 ➡ 【フィレンツェ】ルネッサンスの花開いた芸術の都の観光スポット

「チンクエテッレ」 ➡ 【チンクエテッレ】美しすぎるイタリアの5つの漁村を紹介!

「ピサ」 ➡ 【ピサ】斜塔で有名な街のおすすめしたい観光スポット

「ボローニャ」 ➡ 【ボローニャ】イタリアの繁栄を支えた“知の都”の観光スポット

「フェラーラ」 ➡ 【フェラーラ】ルネッサンスの華と呼ばれる街の観光スポット

「トリノ」 ➡ 【トリノ】洗練された気風の文化都市の観光スポット

「パドヴァ」 ➡ 【パドヴァ】中世の趣を残した大学者の街の観光スポット

「ラヴェンナ」 ➡ 【観光】ラヴェンナが育んだモザイク芸術の極致が素晴らしい!

「サンマリノ」 ➡ 【サンマリノ】イタリア内にある小国のおすすめ観光スポット

「ティヴォリ」 ➡ 【ティヴォリ観光】ローマ皇帝の愛したイタリア庭園の最高傑作

「アッシジ」 ➡ 【アッシジ】丘に佇む聖者の街のおすすめ観光スポット

「ローマ」 ➡ 【ローマ】あなたが必ず訪れるべき4つの偉大な観光スポット

「アマルフィ」 ➡ 見たら必ず行きたくなる!アマルフィのおすすめ観光スポット

「パエストゥム」 ➡ 【パエストゥム】完全な姿のギリシャ神殿群と観光スポット

「マテーラ」 ➡ 【マテーラ】イタリア南部の絶景の街並みの観光スポット!

「アルベロベッロ」 ➡ 【アルベロベッロ】白く輝くトゥルッリの街並みと観光スポット



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出を共有できる新しい観光サイトができました!

新しいサイトを作ったのでその紹介です。
「おもいでマップ」 -皆の思い出で作る観光サイト。思い出の場所が新たな観光資源に!-

 

サイトの中身はこんな感じ⬇︎
・皆の思い出をマッピングできる観光サイト。
・思い出の場所をみんなで共有。
・思い出の場所が新たな観光地に!

 

観光に役立つサイトにしたいと思うので、みんな遊びに来てね^^

 

おもいでマップにアクセス!

地域別の観光スポット一覧

75


東、南アジア


中国、ネパール、インド
IMG_8489


東南アジア


タイ、インドネシア、マレーシア
35


アフリカ


モロッコ
2


日本


東北、関西、中国地方
45


北アメリカ

アラスカ、カナダ
ニュージーランド21


オセアニア


ニュージーランド
27


西ヨーロッパ


フランス、イタリア、スイス、ドイツ、スペイン
11


北欧


ノルウェー、スウェーデン、デンマーク
41


東欧


チェコ、クロアチア、ポーランド、スロべニア

コメントを残す

*