マブール島

【マブール島】マレーシアにあるダイバー達の楽園を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

マブール島の基本情報

概要

11

マブール島はマレーシアのボルネオ島(サバ州)の南東沖に位置する小さな島です。

 

1

この島は1970年代までは他のマレーシアの小さな島と同様に、伝統的な漁村があるだけの小島でした。

 

3

しかし、ここから僅か15kmの場所にあるシパダン島近海が、ダイビングスポットとして他に類を見ないほど素晴らしい環境にあるということが判明したため、1990年代から急速に開発が進みました。

 

13

ダイビングスポットとしてのマブール島

4

ダイナミックなドロップダウンで圧倒的な魚影を見ることのできるシパダン島に対して、ここマブール島には多種多様な生物が辺り一面に広がるサンゴ礁の中に生息している、いわば“マクロ”を楽しむことのできる島です。

 

6

シパダン島は環境破壊を防ぐために入場制限が設けられているので、基本的にマブール島はシパダン島への観光客やダイバーの宿泊の拠点となっています。

 

マブール島観光の見どころ

美しい海でダイビング

7

マブール島は2k㎡の面積を持つ小さな楕円形の島で、シパダン島の逆サイドでは水深数十メートル、シパダン島側ではなんとビーチから僅か数十メートルで水深1,000m近くまで深くなる、豪快なドロップオフとなっています。

 

2

このドロップオフとなっている水中の崖にはサンゴが群生しており、水中生物の宝庫となっています。

 

9

スポンサーリンク

また、マブール島ではウミガメもよく見られます。ウミガメの産卵シーズンにマブール島を訪れれば、ビーチで産卵をしているウミガメを見学することもできます。

 

リゾートでのんびり

12

2015年現在、マブール島には合計6つのリゾートホテル(ロッジ)があります。

いずれのリゾートも高床式の水上コテージを持っていて、コテージのすぐ下には美しいサンゴ礁が広がっており、多くの魚を見ることもできます。

 

15

僕がマブール島を訪れた時には結婚式を行っているカップルや、ハネムーンでのんびりくつろいでいるカップルなどを何組か目撃しました。

この島を訪れる人のほとんどはダイビングのライセンスを持っているダイバーですが、この素晴らしい海は海に潜らなくても十分に堪能することはできるでしょう!

 

14

周囲には光源がなにもないので、夜には天の川や南十字星などをはじめとした満天の星空を眺めることができます。

 

16    5   8

マレーシアについては、 【マレーシアの絶景】マレーシアの観光スポットを大量の写真で紹介! に詳しく書いているので良かったら見てみて下さい。

海外旅行の予定を立てるときに役立つ、ホテル・航空券・ツアーの格安予約サイトを知りたい人はコチラ ➡ 【格安海外旅行】航空券・ツアー・ホテル予約サイトを比較!

 

この記事の写真の撮影に使っているカメラとレンズ

Canon EOS 60D ボディ

TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD キヤノン用

Canon PowerShot S120

キヤノン PowerShot S120用防水ハウジングケース



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出を共有できる新しい観光サイトができました!

新しいサイトを作ったのでその紹介です。
「おもいでマップ」 -皆の思い出で作る観光サイト。思い出の場所が新たな観光資源に!-

 

サイトの中身はこんな感じ⬇︎
・皆の思い出をマッピングできる観光サイト。
・思い出の場所をみんなで共有。
・思い出の場所が新たな観光地に!

 

観光に役立つサイトにしたいと思うので、みんな遊びに来てね^^

 

おもいでマップにアクセス!

地域別の観光スポット一覧

75


東、南アジア


中国、ネパール、インド
IMG_8489


東南アジア


タイ、インドネシア、マレーシア
35


アフリカ


モロッコ
2


日本


東北、関西、中国地方
45


北アメリカ

アラスカ、カナダ
ニュージーランド21


オセアニア


ニュージーランド
27


西ヨーロッパ


フランス、イタリア、スイス、ドイツ、スペイン
11


北欧


ノルウェー、スウェーデン、デンマーク
41


東欧


チェコ、クロアチア、ポーランド、スロべニア

コメントを残す

*