エッサウィラの観光はこれで完璧! 見所とアクセス、ホテルを紹介

こんにちは、サラリーマンバックパッカーのMIASです。エッサウィラはモロッコ人にとって人生で一度は訪れたい憧れの街であり、他国からの観光客たちを魅了してやみません。

この記事では観光スポットや街並みについて実際に撮影した写真で紹介しているので、どんな素敵な街なのか、見所はどこなのかを理解しやすいと思います。最後にアクセス方法とおすすめホテルについても記載しているので、この記事を読めばフェズ観光はきっとバッチリです!

エッサウィラ(Essaouira)の基本情報

エッサウィラの評価

IMG_7808
レーティング
・アーティストの街として多くの画家がいる。ギャラリーが沢山あるため、お土産に絵画を買うのも選択肢。
・ヨーロッパとイスラムの建築様式が融合した街並みが本当に美しく、町歩きが凄く楽しい場所だった。
・お土産屋が至る所にあるため、見ているだけでかなり楽しい。活気も凄い。

エッサウィラってどんなところ?

エッサウィラ(Essaouira)は大西洋に面した城壁で囲まれた港街で、エキゾチックな雰囲気に包まれています。他のモロッコの街と同様に街歩きが楽しい街です。先述した通り、こちらはヨーロッパ風の街並み+イスラム式の街並みの両方を楽しむことができます。

あとエッサウィラは漁業や木彫りの木箱などの他に、芸術家たちの街としても有名です。町のいたる所でアーティストたちのアトリエやギャラリーを見つけることができると思います。モロッコ独特の絨毯やラグも沢山売りに出されているので、この街に来ればお土産に困る事はありません。

97

エッサウィラはフランスのブルターニュ地方の最も有名な港町である「サン・マロ」を設計したフランス人が同じく設計した街です。街を歩いているとフランスのブルターニュ地方を旅しているかのような錯覚を覚えました。懐かしい・・・。サン・マロもここと同じく城壁に街を囲まれた港町ですからね。

IMG_7756

しかしここで生活しているのはれっきとしたモロッコ人であり、漁業が盛んで港ではいつでも活気の良い声が響いています。漁師たちの上には凄い数のカモメが飛び回っていて、漁師の落とす魚をゲットしようと待ち構えていました。

一度壁の中に入るとモロッコ特有の細くて曲がりくねった路地が続いていて、そこを多くの人々(運送屋、客引き、観光客など)が途切れることなく行きかっています。

街には魚の匂いを含んだ海風が吹き込んでいて、街の名産である木箱の木材の匂いや香辛料の香りなど色んな匂いが運ばれてきました。日本では感じることのない空気感に、ずいぶん遠くまで来たのだなと感じたのを覚えています。香辛料の匂いは中々日本では味わえないですからね。

IMG_7764

アーティストの作品を鑑賞しながら街を巡るのもいいですし、おしゃれなレストランやカフェでゆっくりとするのも最高です。観光客がとても沢山いるので、もちろんその数だけレストランやカフェも多いです。

モロッコのホテルや宿の屋上には大概見晴らしの良いテラスがあるので、海に面した宿をとって、屋上で海風に吹かれながら雄大な大西洋を眺めるのもおすすめです。その際は搾りたてのオレンジジュースかアボカドジュースをお供にどうぞ。オレンジやアボカドを丸々何個も使って果汁100%の新鮮なジュースを作ってくれるので、僕はこれにすごくハマってしまいました。

エッサウィラの歴史

IMG_7817

エッサウィラの歴史は遠くローマ時代にまで遡ります。エッサウィラは北のアラブ系の民族と南のベルベル人の文化の中心に位置しており、お互いの文化が入り混じりながら発展してきました。

IMG_7843
エッサウィラがモロッコの他の街とは異なったエキゾチックな雰囲気を持っているのはこのためです。モロッコもスペインもそうですが、僕は文化が交わる地域のあの独特の雰囲気が大好きです。ネパールやチベットも魅力的でしたが、様々な考えが混ざるとより文化が深くなるのでしょうか?

IMG_7889

現在のエッサウィラの街が整備されたのは1765年からで、漁業で昔から栄えてきた港町は今もモロッコの商業的な中心地であり続けています。

エッサウィラ観光の見所

IMG_7814

スカラ(Skala de la Kasbah)

IMG_7932

スカラとは街の西側にある城塞のことで、大砲がずらりと並べられている辺りを指しています。ここからは海と街並みを一望することのできるおすすめコースとなっています。

ここを散歩するのは非常に気持ちいいですし、城塞のすぐ下は商店の立ち並ぶ通りなので、住民や観光客たちの往来を見ているだけでも飽きません。

Bastin Nord

Bastin Nordはスカラの北端にある展望台です。ここからは街が広がっていく様を見ることができ、絶景を楽しめます。有名なビューポイントなので、いつも観光客で賑わっています。

50

メディナ(旧市街)の南西にある港には、イワシ漁に使うトロール船がたくさん並んでいます。漁師たちがカモメにいつも餌をやっているみたいで、大量のカモメが漁師のまわりを飛び回っていて面白いです。

また、ここからはエッサウィラのメディナが一望でき、ヨーロッパ風の街並みとカラッと晴れ渡るモロッコの空のコントラストが大変美しかったです。ここはオススメ写真スポットなので是非どうぞ。

ムーレイ・エル・ハッサン広場(Place Moulay el Hassan)

港の前にある南北に細長い大広場で、メディナ(旧市街)の中で最も栄えている場所です。この広場に面しているレストランやカフェにはパラソル付きのテラス席があり、とても良い雰囲気の中で食事をしたり休憩することができます。

オレンジジュースやアボカドジュースを販売している屋台もあり、エッサウィラに滞在しているときは毎日お世話になりました。

エッサウィラのその他の風景

IMG_7860  IMG_7896 IMG_7963 IMG_7831

96

エッサウィラのおすすめホテル

リアド ワティエ(Ryad Watier)

・価格:1部屋あたり2名宿泊で11000円〜
・クオリティ:★★★★☆
・立地:★★★★★
<口コミ>
・メディナ(旧市街)にある立地の良いホテル。観光に便利。
・暖炉のある居心地の良い共有スペースを代表として、装飾が可愛らしいホテル。
・部屋は広くて清潔。十分寛げるクオリティ。

ダル ダヤナ(Dar Dayana)

・価格:1部屋あたり2名宿泊で4800円〜
・クオリティ:★★★★☆
・立地:★★★★★
<口コミ>
・メディナ(旧市街)にある立地の良いホテル。
・開放的な中庭で食べる朝食が美味しく人気がある。
・部屋はモロッコらしい装飾でデザインも凝っている造り。十分清潔。

マダダ モガドール(Madada Mogador)

・価格:1部屋あたり2名宿泊で13000円〜
・クオリティ:★★★★★
・立地:★★★★★
<口コミ>
・メディナにある立地の良い美しいホテル。予算が許すならここがおすすめ。
・スパやマッサージ施設、開放的で見晴らしの良いレストランを併設しており人気が高い。
・部屋はモダンなモロッコ式のデザインで非常にクオリティが高い。部屋は広く清潔。

ホテルの探し方

ホテルはAgodaかエクスペディアの地図検索が便利です。下記より予約できます。※Agodaとエクスペディアではほぼ料金が同じですが、たまに片方がセールをしているので、両方チェックすることをオススメします。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)は少し高めですが、クオリティの高いものが多い印象です。検索できるホテルの数も多いです。この3つをチェックしておけば90%以上のホテルは網羅できると思います。

>> エクスペディアからエッサウィラのホテルを検索する(地図から選ぶ)
>> Agodaからエッサウィラ渓谷のホテルを検索する
>> トリップアドバイザーからエッサウィラのホテルを検索する

エッサウィラへのアクセス

エッサウィラの地図

エッサウィラへの行き方

バスはCTMとスープラトゥールバス(SUPRATOURS)、民営バスの3つがあります。民営バスは一番安く移動できますが、クーラーが付いてなかったり頻繁に立ち止まるので快適な旅とはいきません。CTMとスープラトゥールバス(SUPRATOURS)のどちらかを選択することをお勧めします。

マラケシュから

・バスで約3時間。1日15本程度

カサブランカから

・飛行機で約1時間。週2便。
・バスで約7時間。1日2本程度

アガディールから

・バスで約3時間。1日20本程度

ガイドブック

より詳しくモロッコのことを知りたい場合はこちらもどうぞ。地球の歩き方は旅人のバイブル的存在で、写真+日本語で分りやすいです。Lonely Planetは英語ですが、情報量が非常に多くお勧めです。写真はあまりありません。どちらか1冊持っていけば事足りると思います。

より歴史や文化を深く学びたい人にはこちらをおすすめします。文章から作者のモロッコへの愛が伝わってきます。上のガイドブックに加えてどうぞ。

その他のモロッコの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です