山形県

【必見!】東北の観光スポットを絶景写真で紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東北地方の観光スポット

”東北の写真と観光スポットです。”
30「山形県・神秘の沼「丸池様」」

東北地方にあるおすすめの観光スポットを紹介したいと思います。

 

個人的には青森県の観光地がおきにいりですが、その他の県にも素晴らしい観光名所や見どころが沢山あります!
それでは東北地方にある、素晴らしい観光スポットの数々を紹介したいと思います!

 

青森県

仏ヶ浦

2
「青森県・仏ヶ浦の奇岩の絶景」

 

青森は見どころがたくさんあります。 色々おすすめの場所はありますが、一番は個人的に日本で最高の観光地だと思う「仏ヶ浦」です。
下北半島の端っこというアクセスのしづらさも凄いですが、もちろん景色も凄いです!
仏ヶ浦にある石碑にはこんなことが書かれてありました。

「神のわざ 鬼の手つくり仏宇陀 人の世ならぬ処なりけり」

有名な詩人が詠んだらしいですが、要するに現実世界とは思えないほどの景色で、神様が造ったとしか思えないくらい凄いってことですね。

 

24
「青森県・仏ヶ浦の奇岩」

 

真っ白な奇岩が海岸線に沿ってずらっと立ち並んでいる様子は壮観です。 岩が凄くデカいので、スケール感がおかしくなります。 でもそれが楽しいです!
場所が場所なんで僕はもう行くことはないと思いますけど、皆さんは頑張って行ってみて下さい!

 

2十和田湖の光芒
5仏ヶ浦の夕日
8仏ヶ浦の夕日
19仏ヶ浦の奇岩
20仏ヶ浦の夕日
21仏ヶ浦の奇岩
22仏ヶ浦の奇岩
23仏ヶ浦の夕日
 
25仏ヶ浦の夕日

 

仏ヶ浦については、 【仏ヶ浦】青森県が誇る日本有数の絶景が凄い で紹介しているので良かったら見て下さい。

恐山

3
「青森県・恐山・賽の河原」

 

あともうひとつおすすめなのは、恐山というイタコが沢山いる霊場です。
寺の至る所で硫黄が噴出していて、寺と煙と匂いのコンボで凄く異様な雰囲気を醸し出しています。
さらにこの寺は花の代わりに風車をお供えするという謎のルールがあって、誰もいないお墓や岩場で風車が回っているのはもはやホラーです。

 

17
「青森県・恐山・賽の河原」

 

あとここには「賽の河原」という名の湖畔があって、その砂浜にも至る所に風車がお供えされています。「賽の河原」の意味はググってください。う~ん、ここはあの世かな?(笑)ってかんじでこちらも凄い雰囲気を出してきてます。
こういうスピリチュアルなやつが好きな人にはたまらないと思うんで、そういう人には超おすすめです!
こういうのが苦手な人は十和田湖行っとけば青森観光は大丈夫だと思います(笑)

 
 
15恐山の風車
16恐山・賽の河原
この恐山については、 【恐山】雨の日に恐山を観光したら半端なく怖かった話 に書いているので、良かったらそちらも見てみて下さい。

十和田湖

4
十和田湖は言わずと知れた青森県を代表する観光スポットです。
僕が訪れた際に見た、雲の切れ目から指す美しい光のカーテンが忘れられません。
12十和田湖の光芒
13
十和田湖の夕陽も非常に美しかったです。十和田湖の下流にある奥入瀬渓流もおすすめなのでセットで観光してみて下さい!

尻屋埼灯台

14
尻屋埼灯台は下北半島の北東部の岬にある灯台で、晴れた日には青い空と白い灯台のコントラストがそれは美しいという話です。
しかし、僕が訪れた際は天候が荒れ狂っていたので長時間いられませんでした(笑)
 
IMG_0529
巨大な馬が放し飼いにされていて、普通に歩道を歩いていたということが一番印象的な観光地でしたね(笑)
晴れた日にもう一度行ってみたいです。
IMG_0498
IMG_0510
IMG_0517

袰月海岸

18袰月海岸

 

山形県

丸池様

1
「山形県・神秘の沼「丸池様」」

山形県には色々な観光名所がありますが、そのなかでも特に素晴らしかったのは「丸池様」です! 森の中にポツンとある時の止まった様な神秘の池。必見です!

丸池様については「丸池様(遊佐町)の写真と観光スポット」にまとめているので、そちらを見て下さい。

 
30神秘の沼「丸池様」
31神秘の沼「丸池様」
32神秘の沼「丸池様」

一の滝

33一の滝の滝壺
IMG_9927
IMG_9951

 立石寺

IMG_0070
IMG_0054
IMG_0065

風車

36庄内平野の風車

蔵王温泉

IMG_0103名湯・蔵王温泉

スポンサーリンク

 

宮城県

蔵王

6
「宮城県・蔵王の御釜」

蔵王の御釜のデカさにはビビりました。 時間がなくて手前の丘から見るだけでしたが、河口付近をハイキングしたら楽しいやろなーと思います。
このときはめっちゃ天気悪くて霧も発生してたんですけど、まぁ霧の中の御釜も雰囲気凄かったんで僕は楽しめました!

 

9
「宮城県・蔵王の御釜」

あと訪れた時期が紅葉には少し早くて、まだ頂上付近しか紅葉してなかったです。ベストシーズンに行ったら凄いだろうことは容易に想像できるんで、また来てみたいです。
今度はスキーか紅葉のときに!!

 

10蔵王の霧の中
IMG_0163
IMG_0125
IMG_0132
IMG_0181

秋田県

鳥海山

29「秋田県・鳥海山と庄内平野」
37鳥海山と庄内平野

入道崎灯台

7入道崎灯台とすすき野
28入道崎灯台とすすき野
 

白神山地

27白神山地

岩手県

気仙沼

34
「岩手県・気仙沼の夕日」
 
35気仙沼のマグロ丼

浄土ヶ浜

IMG_0072浄土ヶ浜の奇岩
岩手県宮古市にある、国の名勝地に指定されている海岸で、のこぎりの様な独特の形をした岩があることで有名です。
三陸海岸を代表とする観光地で、連日多くの人がこの地を訪れます。
IMG_0088
血の池や賽の河原と呼ばれる場所などの観光スポットもありますし、「青の洞窟」と呼ばれている、透き通った海に差し込む光で青く輝く洞窟も周辺にあります。
IMG_0087
 夏の海水浴シーズンになると、ここで海水浴を楽しむこともできます。
IMG_0040

IMG_0047

龍泉洞

IMG_0209

 

龍泉洞は岩手の誇る絶景の一つで、日本三大鍾乳洞にも数えられています。全長は3000m以上(推定では5000mを超える)と言われていて、湧き水によって形成されている地底湖の深さは水深120mと日本で一番深いです。

 

IMG_0214

龍泉洞で特筆すべきは、その湧き水の透明度の高さです。一度地下深くまでしみ込んだ雨水は上質な土でろ過され、それが地下から龍泉洞内の深部から湧き出てきます。

この湧き水の透明度は世界トップクラスだと言われていて、深く沈められたスポットライトがはっきりと見えており驚きを隠せませんでした。

 

IMG_0216

鍾乳洞の内部は美しくライトアップされていて幻想的です。地下洞窟を照らすスポットライトの明かりも非常に美しく、デートスポットとして遠方から多くのカップルが龍泉洞に訪れるそうです。

 

IMG_0218

IMG_0231

IMG_0232

龍泉洞はおすすめの観光スポットなので、ぜひ行ってみてください!

 

福島県

大内宿

11「福島県・大内宿の街並み」
大内宿は福島県の下郷町にあるかつての宿場町で、茅葺屋根の美しい家屋が現存している歴史的な街並みを楽しめる場所です。
IMG_0224
大内宿は国指定の重要文化財に選ばれていてます。
大内宿には古い家屋を使用した民宿やレストラン、お土産屋などが並んでいて、それらをのぞいてみるのも楽しみの一つでしょう。
IMG_0229
個人的にはここにある民宿に宿泊してみたいですね。周囲は大自然に囲まれていますし、ゆっくりとした時間の中でのんびりとくつろぐことができそうです。何より、茅葺屋根の下で一度寝てみたいです!
IMG_0233
古き良き日本の風景、そんな景色を楽しむことのできるおすすめの観光スポットです。
IMG_0245

五色沼湖沼群

IMG_9228
五色沼湖沼群とは、福島県裏磐梯にあるエメラルドグリーンの大小様々な湖沼を総称したもので、太陽によって輝く美しい湖沼とその色は一見の価値ありです!
26五色沼のボート
五色沼の水面の色は、水中に存在している微粒子の大きさで変わり、鉱物などから溶け出している物質の種類によっても微妙に異なってきます。
なので、真っ青な沼やエメラルドグリーンに輝く沼もありますし、少し白濁した沼も存在します。
五色沼には沼の間を歩けるハイキングコースがあるので、自分のお気に入りの湖沼を見つけてみてください!

IMG_9234

 

弁天沼と呼ばれている五色沼で2番目に大きな沼。風のない日には水面が鏡の様に周囲のものを反射して、非常に神秘的な景観を生み出します。

僕は個人的にこの弁天沼がお気に入りですね。

 

IMG_9241

塔のへつり

IMG_0206

塔のへつりとは福島県下郷町にある観光名所で、すぐ近くに上で紹介した大内宿もあります。

川の水の流れによって浸食されてできた地形で、固い岩と柔らかい岩が交互に積み重なっているためにこの独特な柱状の奇岩が形成されています。

 

IMG_0209

かつて多くのつり橋がこの場所にかけられていましたが、現在は老朽化のため、この写真に移されているところしか通行が許されていません。

この橋を渡った先には岩を削って作られたスリル満点の遊歩道が造られています。

 

IMG_0216

このさらに先に進んだ先には、祠が造られていて、厳かな雰囲気に包まれています。

ちなみに塔のへつりの「へつり」とは、会津弁で断崖・絶壁を指す言葉で、この言葉通りの絶景を見ることができるでしょう。

近くに大内宿もあるので、セットで観光してみてはいかがでしょうか。

 

この記事の写真の撮影に使っているカメラとレンズ

Canon EOS 60D ボディ

TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD キヤノン用

 

最後に

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

この写真が気に入った! これはどこの写真? など記事中の写真についての感想がありましたら気軽にコメントして下さい!

みなさんの感想をお待ちしてます。



this is default footer data
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域別の観光スポット一覧

75


東、南アジア


中国、ネパール、インド
IMG_8489


東南アジア


タイ、インドネシア、マレーシア
35


アフリカ


モロッコ
2


日本


東北、関西、中国地方
45


北アメリカ

アラスカ、カナダ
ニュージーランド21


オセアニア


ニュージーランド
27


西ヨーロッパ


フランス、イタリア、スイス、ドイツ、スペイン
11


北欧


ノルウェー、スウェーデン、デンマーク
41


東欧


チェコ、クロアチア、ポーランド、スロべニア

コメント

  1. さな より:

    初めまして。
    東北を巡りたいと思い、調べてるところでこちらのサイトにたどり着きました。
    素敵なところがたくさんですね。
    こちらは、どのくらいの日数をかけてまわりましたか?よろしければ交通手段や大体の費用、宿、時期など教えていただきたいです。
    私は、色んな所を旅するのが夢なので、本当に沢山のところに行かれてて羨ましいのと参考になります!
    よろしければお返事いただけないでしょうか?
    お待ちしております!

    1. MIAS より:

      さなさん、

      初めまして、MIASです。
      この旅は僕が大学生だった時で、関西から10日間かけて旅行しました。仙台イン、仙台アウトでレンタカーを借りて東北6県を巡りました。

      < 宿泊>
      男3人かつ学生の旅だったので当時はネットカフェに泊まっていました。多分参考にならない情報ですが、東北はネットカフェが少なくて苦労した記憶があります。特に青森が大変でした笑

      < 移動手段>
      全てレンタカー。当時はニコニコレンタカーでマーチを借りていました。基本的に一般道での移動だったのでかなり時間がかかりました。その代わり海沿いの道を走ったり田園地帯を走るのは楽しかったです。
      今思えばもっと高速を使えば良かったですね。

      < 費用>
      飛行機往復:2万円
      レンタカー10日間:4万円
      ガソリン代:確かガソリン100リットル程度
      ネットカフェ代:2万円
      食事代:3万円程度

      こんな感じでした。参考になれば幸いです(^^)

  2. さな より:

    お返事ありがとうございます!

    レンタカーでの旅だったのですね。
    車があるとやっぱり色んな所に行けるしいいですよね。交通機関だけだと費用も時間も掛かってしまいますかね…

    私も費用をなるべく抑えたいので、ネットカフェの利用を考えています。しっかりある場所を調べておこうとおもいます!

    貴重な情報をありがとうございました!

さな にコメントする コメントをキャンセル

*